Top >  イラン周辺国の世界遺産 >  ビブロス遺跡【レバノン】

スポンサードリンク

ビブロス遺跡【レバノン】

1984年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された「ビブロス」。
この「ビブロス」は、レバノンの首都ベイルートの北へ約30キロメートル離れた所にある、地中海沿岸の都市のことをいいます。
また『ビブロス』とはギリシャ語でbublos(パピルス)の意味を持ち、バイブル(聖書)の語源にもなったと伝えられています。
ビブロスはエジプトとの正に交易窓口として栄えました。しかしローマ帝国の支配下に入った12世紀頃からは、十字軍を迎え撃つために町全体が要塞化してしまいました。
その後、ベイルートなど他の町に交易の拠点としての地位を奪われて、衰退の一途を辿りました。
ビブロス遺跡で発掘された出土品は、現在ベイルート国立博物館に保存されています。
ビブロスにフェニキア人が居住し始めたと言われているのが、紀元前3000年頃から。
そのフェニキア人の発祥の地としても有名なビブロスにて、アルファベットの源となっているフェニキア文字が生まれました。
このことから、ビブロスは「アルファベット発祥の地」とも言われているのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 パルミラ遺跡【シリア・アラブ共和国】  |  トップページ  |  次の記事 バールベック遺跡【レバノン】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本の世界遺産、アジアの世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。