Top >  イラン周辺国の世界遺産 >  サマルカンド‐文化交差路【ウズベキスタン共和国】

スポンサードリンク

サマルカンド‐文化交差路【ウズベキスタン共和国】

その当時の建物を含めた文化の交差点として、2001年にユネスコの世界遺産(文化遺産)として認定された、サマルカンド‐文化交差路。
14世紀末〜15世紀にティムール帝国の首都として繁栄した「サマルカン(Samarkand)」は、ティムールの子、ウルグ・ベクの時代に天文台が築かれたといわれています。
この地域は「青の都」とも呼ばれています。
その由来は、ステップ気候から地中海性気候への移行部特有の抜けるような青空を持つということと、モスクの色とを合わせて、こう呼ばれるようになったそうです。
ギリシャ史料では、「マラカンダ」の名でも有名です。「マラカンダ」とは、紀元前4世紀のアレクサンドロス
3世が率いるマケドニア王国遠征軍に最後まで抵抗したソグド人、その都市のことを「マカランダ」といいます。
市街地内部には、ティムールの墓廟であるグーリ・アミールやビビ・ハヌム・モスク等が築かれています。
また、シャーヒ・ズインダ廟群が築かれているのは、
アフラシアブになります。
機械・化学・綿花・絹・皮革関係の工業が盛んなサマルカンド。
人口は約38万人、アムダリヤ川の支流であるゼラフシャン川河岸に位置しています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ブハラ歴史地区【ウズベキスタン共和国】  |  トップページ  |  次の記事 古代都市ダマスカス【シリア・アラブ共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本の世界遺産、アジアの世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。