Top >  イラン周辺国の世界遺産 >  エスファハーンのイマーム広場【イラン・イスラム共和国】

スポンサードリンク

エスファハーンのイマーム広場【イラン・イスラム共和国】

イラン・イスラム共和国の文化遺産である、エスファハーンのイマーム広場。
古くから東西交易の要衝だったイスファハンは、イラン高原の砂漠の真ん中にある緑の町のことをいいます。
このイスファハンにあるザーヤンデルード川が、この町をオアシスとして発展させてきました。
イスファハンを首都に定められたのは1598年。
当時の国王サファーヴィー朝第5代の国王アッバース一世によってです。
17世紀には繁栄の頂点にまで達しました。
そして、この町の中心部にあるのが「イマーム広場」です。
正式名称は「メイダーネ・ナクシェ・ジャハーン」(世界の肖像の広場)。
しかし、かつてイマーム広場は、メイダーネ・シャー」(王の広場)とも呼ばれていました。イマーム広場のまわりは、タイル(青を基調とした精密なアラベスク模様のタイル)で覆われ、荘厳なモスクや宮殿によって囲まれ、巨大なバザールが広がっています。またその美しさに世界中から人や富が集まっていました。「ここイスファハンには世界の半分がある」と言われるほど繁栄していたそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 カトマンズの渓谷【ネパール王国】  |  トップページ  |  次の記事 城跡都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、乙女の塔【アゼルバイジャン共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本の世界遺産、アジアの世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。