Top >  イラン周辺国の世界遺産 >  ペルセポリス【イラン・イスラム共和国】

スポンサードリンク

ペルセポリス【イラン・イスラム共和国】

イラン・イスラム共和国の文化遺産である、アケメネス朝ペルシア帝国の都市であるペルセポリス(Persepolis)この遺跡は、イランのファールス地方(当時の地名はパールサ地方といいます)にて、ダレイオス1世(ダーラヤーウ1世)が建設した宮殿群として発見されました。『ペルセポリス』という名前は、ギリシャ語の記録に由来されていています。
またペルシア語では何と呼ばれていたのかは、未だわかりません。
この都市が廃墟となったのは、紀元前331年にアレクサンドロス大王の攻撃によって破壊されてからのことです。
しかしその壮大な遺構は残されました。
現在のイランでは、タハテ・ジャムジード(ジャムジードの玉座)と言われ、知られています。ペルセポリスの名がはじめて歴史に登場したのは、古代ギリシアの歴史家クレイタルコスが著した『アレクサンドロス伝』です。
ペルセポリスという名が、アケメネス朝の王都の名として広く知られるようになったのは、このアレクサンドロス伝が後世の学者達に数多く引用されたためと言われています。
(ジャムジードの玉座)と言われ、知られています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 姫路城【日本】  |  トップページ  |  次の記事 屋久島【日本】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本の世界遺産、アジアの世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。