Top >  インド・タイ周辺国の世界遺産 >  聖地キャンディ【スリランカ民主社会主義共和国】

スポンサードリンク

聖地キャンディ【スリランカ民主社会主義共和国】

シンハリ朝最後の都、古都キャンディ(Kandy)。
古都キャンディは、スリランカの中央部の盆地に位置していました。
1815年に古都キャンディがイギリスの植民地となったことで、シンハリ朝は滅亡しました。
しかし、王権の象徴でもあった仏陀の犬歯はダラダー・マーリガーワ寺院(仏歯寺)に残されて、現在にいたるまでスリランカにいる仏教徒のあつい信仰を集め、また1988年には、仏教の聖地として、「聖地キャンディ」の名前でユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。
伝説によると、仏歯がもたらされたのは、4世紀頃インドの女王がこの国に嫁いだ時だといわれています。
そしてダラダー・マーリガーワ寺院(仏歯寺)は、シンハリ朝の仏歯を祀るために、16世紀に建設されたそうです。
18世紀になると、仏歯を外に持ち出す祭り『ペラヘラ祭り』が始まりました。
この仏歯は、普段はダラダー・マーリガーワ寺院内部で大切に保管されていますが、この時だけ外に出されるそうです。
真夏に行われる年に一度のペラヘラ祭り。
この祭りがクライマックスになると、80頭もの象(=神聖な動物)の行列の周囲で、3000人以上もの人々が踊っています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 アンコール遺跡【カンボジア王国】  |  トップページ  |  次の記事 カトマンズの渓谷【ネパール王国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本の世界遺産、アジアの世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。