Top >  インド・タイ周辺国の世界遺産 >  アンコール遺跡【カンボジア王国】

スポンサードリンク

アンコール遺跡【カンボジア王国】

カンボジアの北西部、トンレサップ湖の北部にあったアンコール王朝時代の遺跡群、それがカンボジアの奥深いジャングルに眠るアンコール遺跡です。
20世紀後半に、20年以上も続いた内戦で遺跡は荒れ果ててしまい、ユネスコは1992年に世界遺産(文化遺産)として認定しました。
またそれと同時に、危機遺産リストにも登録されました。世界遺産として有名なアジア最大の石造寺院アンコール・ワット。
それを筆頭に、1,000を超える石造建築の大遺跡群は、
9世紀から600年間にも渡って巨大国家『アンコール王国』によって築かれました。
その中でも、アンコール遺跡群はクメール王朝時代の首都の跡でした。
このアンコール遺跡群は、スーリヤヴァルマン2世(1113-45年)とジャヤーヴァルマン7世(1181-1201年)とによって、建設されたと言われています。
特に、スーリヤヴァルマン2世がアンコール・ワットの建設を行い、ジャヤーヴァルマン7世がアンコール・トムの建設を行ったそうです。
その後、外国からの支援やカンボジアの多くの人たちの努力や熱意によって、徐々に修復され、またその成果を挙げたため、2004年にユネスコは「アンコ−ル遺跡群」を危機遺産リストから除外しました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ボロブドゥル寺院遺跡群【インドネシア共和国】  |  トップページ  |  次の記事 聖地キャンディ【スリランカ民主社会主義共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本の世界遺産、アジアの世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。