Top >  インド・タイ周辺国の世界遺産 >  ボロブドゥル寺院遺跡群【インドネシア共和国】

スポンサードリンク

ボロブドゥル寺院遺跡群【インドネシア共和国】

ユネスコ世界遺産(文化遺産)に1991年に登録された、ボロブドゥール寺院遺跡群。
このボロブドゥル寺院遺跡群は、インドネシアにあるジャワ島の中部に位置します。
このボロブドゥル寺院遺跡群は、8世紀〜9世紀にかけてこの地方を支配していたシャイレンドーラ王朝によって建てられた大乗仏教寺院です。
密林とメラピ山の大噴火による火山灰との中に埋もれた大乗仏教寺院。1814年にイギリス人によって発見されるまでは、地元の人々にさえも忘れさられたままでした。また記憶にも新しい2006年に起きたジャワ島の大地震。この地震では、寺院の石塔の一部が崩れるなどの被害も受けています。
ボロブドゥール寺院は、寺院自体が大きな曼荼羅を形成し、その景観はアンコール・ワットと比較されうるほど壮大なものです。
ボロブドゥールの建造物は、仏教の「三界」といわれている「欲界」「色界」「無色界」という世界観を表しています。
回廊には釈迦をめぐる様々な物語が刻まれいます。
その回廊をたどって先の頂上に到達すると、72のストゥーパが整然と配置されています。
これらのストゥーバの中には、釈迦如来座像が置かれており、格子の間からほんの少しその姿を見ることができます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 ドンパヤーイェン−カオヤイ森林地帯【タイ王国】  |  トップページ  |  次の記事 アンコール遺跡【カンボジア王国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本の世界遺産、アジアの世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。