Top >  インド・タイ周辺国の世界遺産 >  ドンパヤーイェン−カオヤイ森林地帯【タイ王国】

スポンサードリンク

ドンパヤーイェン−カオヤイ森林地帯【タイ王国】

タイバンコク北東部に広がる森林地帯である、ドンパヤーイェン−カオヤイ森林地帯。
このドンパヤーイェン−カオヤイ森林地帯は、サラブリー県東部からブリーラム県南部をまたぎ、カンボジア国境までにも広がる広大な森林地帯です。
1961年に仏歴2005年国立公園法が制定され、1962年9月18日には、このドンパヤーイェン−カオヤイ森林地帯の一部がカオヤイ国立公園として正式に保護されました。その後、その周辺の地域も国立公園や野生生物保護区として、次々と保護地区に指定されました。
そして2005年には、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。
あまりにも広大なため、西部森林地帯(Western Forest Complex)と東部森林地帯(Eastern Forest Complex)とに分けられて呼ばれる事もあります。
また森林地帯があまりにも大きいために開発が遅れていましたが、チャクリー王朝初期は開発を促すよう、一部の地区を免税地区に設定し、入植者を促す措置を取るようにしました。
その地区が、現在のナコーンナーヨック(「免税の町」と呼ばれている町になります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 バン・チアン遺跡【タイ王国】  |  トップページ  |  次の記事 ボロブドゥル寺院遺跡群【インドネシア共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本の世界遺産、アジアの世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。