Top >  インド・タイ周辺国の世界遺産 >  エローラ石窟群【インド共和国】

スポンサードリンク

エローラ石窟群【インド共和国】

ムンバイーの東にあるマハーラーシュトラ州、アウランガーバード郊外の世界的に有名な石窟群を、エローラ石窟群(Ellora caves)といいます。
別名を「エローラ石窟寺院群」とも言い、その由来は、インドのデカン高原、エローラの岩肌に石窟群が2キロメートルにも渡り、34も掘られているからです。
仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教の石窟寺院や修道院(あるいは僧院、僧坊)等から構成され、34もの石窟がシャラナドリ台地の垂直な崖に掘られています。
仏教寺院(仏教窟)は、エローラ石窟群の南端より数え第1窟から第12窟。ヒンドゥー教寺院(ヒンドゥー教窟)は、第13窟から第 29窟までの17窟。北端にある第30窟から第34窟まで5窟が、ジャイナ教の寺院(ジャイナ教窟)となっています。
アンコール・ワットやピラミッドと並び、異なる宗教が共存し合うエローラ石窟群は、世界遺産の中でも最も印象的な遺跡のひとつとして伝えられています。
多様な民族と文化が混在するインドならではの世界遺産といえるエローラ石窟群。
作られた時期が重なりながら、それぞれの石窟が近接しているという事実は、インドにおける宗教の寛容性を表しています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 高句麗古墳群【北朝鮮】  |  トップページ  |  次の記事 タージ・マハル【インド共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本の世界遺産、アジアの世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。