Top >  中国・韓国の世界遺産 >  海印寺大蔵経板殿【韓国】

スポンサードリンク

海印寺大蔵経板殿【韓国】

1995年にユネスコの世界遺産(文化遺産)へ登録された、海印寺大蔵経板殿(かいいんじ・だいぞうきょうはんでん、ヘインサ・デージャンギョンパンジョン)。
この海印寺大蔵経板殿は、大韓民国南部の慶尚南道陝川郡伽耶面に位置しています。
802年、伽耶山山中に海印寺(ヘインサ)を建立したとされるのは、新羅時代の僧侶である義湘。
高麗時代には「元」に攻め込まれたり、これまでにも何度か火災にも見舞われているため、1817年に再建されました。
高麗時代に「元」から攻め込まれた際に、国家の繁栄を願って1236年に版木製作に着手されています。
それから15年もの歳月をかけて、江華島(当時の都)で完成されました。
海印寺大蔵経板殿の主な建築物には、大寂光院(本殿)や蔵経板殿(大蔵経経板閣)があります。
高麗八萬大蔵経版木を収蔵するお寺の中で、最も古い建物が蔵経板殿(大蔵経経板閣)。
現存する大蔵経でも最高のものと言われている、八萬大蔵経版木です。
この八萬大蔵経版木は、仏教の経典」を総集したものです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 法隆寺地域の仏教建造物【日本】  |  トップページ  |  次の記事 アジャンター石窟群【インド共和国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本の世界遺産、アジアの世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。