Top >  中国・韓国の世界遺産 >  秦始皇帝陵及び兵馬俑坑【中国】

スポンサードリンク

秦始皇帝陵及び兵馬俑坑【中国】

中国史上初めての巨大統一国家といわれている秦。
秦は、紀元前3世紀に7つの国が争う戦国時代を制しました。
中国史上初の秦の「始皇帝」が、その強大な力を利用して作り上げたのが、巨大な陵墓「秦始皇帝陵(しんしこうていりょう)です。
この「秦始皇帝陵」は70万人も労働力と40年の歳月をかけて作り上げられました。
秦始皇帝陵がある中国の西安郊外から、わずか1キロメートルしか離れていない場所で、偶然にも素焼きの像が地中に埋まっているのが発見されました。
また地下5メートルの所にある地下空間には、おびただしい数の兵士や馬を模った等身大の土偶が見つかりました。
後にここが「兵馬俑(へいばようこう)」と呼ばれ、その広さは巨大な陵の一部を成しているといわれています。この「兵馬俑」は、全て始皇帝陵から伸びる道に沿って配置されていて、東の方向を向いています。
兵馬俑坑は、現在一般に公開されているものだけではなく、その周辺にもまだまだ未発掘の土偶があると言われています。
しかし、発掘をしてしまうと土偶の表面に塗られている色素が消えてしまうことから、発掘をされていません。中国史の研究において、この兵馬俑の発見は、当時の衣服の構造や始皇帝の思想などを知る上で、貴重な史跡となりました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 雲南・三江併流【中国】  |  トップページ  |  次の記事 高句麗古墳群【北朝鮮】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本の世界遺産、アジアの世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。