Top >  中国・韓国の世界遺産 >  雲南・三江併流【中国】

スポンサードリンク

雲南・三江併流【中国】

2003年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された、三江併流(さんこうへいりゅう)。
この三江併流は、中国のチベット高原に源を有する三つの川で、雲南省の北西部に位置しています)。
また三江併流地域は、アジアを代表する金沙江(長江上流部)、瀾滄江(メコン川上流部)、怒江(サルウィン川上流部)の三つの大河の源流が、雲南省北部のデチェン蔵族自治州及び怒江リス族自治州を平行に流れています。
この三江併流地域では、全世界の動物の内25%ものが存在していると言われています。
そして中国政府によってリストアップされている種類は791種で、内198種は中国固有種です。
植物においても約6000種が確認されていて、内2700種が中国固有種です。
そのなかでも絶滅の危機に瀕したものもあり、国家レベルで保護されている種類は33種にもおよびます。
またこれら三つの川は、3000メートルの深い渓谷を縫って流れています。
周囲の山々の高さは6000メートルにもなるといった珍しい景観をしています。
地域内の気候は場所によって多様で、これが結果的に動植物層を多様化させ豊かにしたと言えるでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 黄山【中国】  |  トップページ  |  次の記事 秦始皇帝陵及び兵馬俑坑【中国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本の世界遺産、アジアの世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。