Top >  中国・韓国の世界遺産 >  黄山【中国】

スポンサードリンク

黄山【中国】

「天下の名勝、黄山に集まる」と言われるほど知られている、黄山(こうざん)。
この黄山は景勝地として知られていて、中国安徽省に位置し、伝説の仙境を彷彿とさせる独特の景観をもっています。
また古くから数多くの詩人や画家等の文人を魅了し、訪れさせている黄山。
中国の山水画の原風景となってきた黄山の景色は絶景で、岩と光と雲が織りなす美しい風景の魅力は、数多くの画家達を魅了し、山水画として黄山を描き続けさせていきました。
その中でも、唐代の詩人・李白が詩に、春秋戦国時代の思想家・老子は言葉にその魅力を表しています。
また黄山は、長い年月を経て浸食され、古生代に出来た岩石が断崖絶壁の景観を作りました。
その中でもよく知られているのは、蓮花峰、光明頂、天都峰は「三主峰」と呼ばれているものです。
また、黄山には「黄山の四絶」と称される奇松、怪石、雲海、温泉があります。中国古代の伝説上の皇帝と言われる黄帝が、この地で仙薬を調合し仙人になったという伝説から、唐の時代に黄山と名付けられました。
秦の時代までは“いざん”と呼ばれていたそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 峨眉山と楽山大仏【中国】  |  トップページ  |  次の記事 雲南・三江併流【中国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本の世界遺産、アジアの世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。