Top >  日本の世界遺産 >  知床【日本】

スポンサードリンク

知床【日本】

1964年に国立公園へと指定された北海道の東端にあるオホーツク海に面した知床半島。
知床半島とその沿岸海域は、2005年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。
知床半島付近には、たくさんのサケや魚介類が生息しています。
河川を遡上するサケを、ヒグマやオジロワシなどが食べる。
この動物たちの排泄物やサケの死骸は、植物の栄養素として陸地に還元されています。
このような貴重な自然環境が、国際自然保護連合に認められ、世界遺産の登録へとつながったのでしょう。
しかし最近では、観光客とヒグマとの接近の防止、エゾシカやキタキツネなどへの餌付け行為の防止などが問題化されています。
知床半島は優れた自然景観を持ち続け、原始状態を保持している地区として、国からの保護が徹底されています。知床半島の流氷が育む豊かな海洋生態系と、原始性の高い陸上生態系の相互関係には、他には類を見ない特徴を見ることができます。
冬になると流氷が訪れ、この流氷により大量のプランクトンが知床半島にもたらされます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 厳島神社【日本】  |  トップページ  |  次の記事 慶州歴史地域【韓国】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本の世界遺産、アジアの世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。