Top >  日本の世界遺産 >  白神山地【日本】

スポンサードリンク

白神山地【日本】

1993年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録された、白神山地(しらかみさんち)。
この白神山地は、青森県南西部から秋田県北西部までまたがり、広さは170平方キロメートルにもおよぶ世界最大級の広大なブナの原生林で知られています。
世界遺産に登録される前は、弘西山地(こうせいさんち)とも呼ばれていました。
白神山地には、名勝地と呼ばれるほどの美しい高山植物や雄大な景色を眺められる場所は少ないですが、おすすめの見所はいくつもあります。
まず始めにブナの原生林。8000年近い歴史を持つ白神山地のブナ林には、500種もの植物があり、97種類もの鳥類が生息しています。
縄文時代の頃から始まった東日本の文化は、ブナの森の豊かな恵みの中で育まれて伝わってきました。
また他のおすすめは、3つの滝からなる「暗門の滝」、樹齢400年とも言われる巨大なブナをシンボルとした「岳岱自然観察教育林」、標高1086メートルあり、山頂からは世界自然遺産地域が一望できる「二ツ森山」。
他にも、樹齢400年ともいわれる巨木「マザーツリー」がある「津軽峠」や津軽国定公園十二湖、白神岳、ミニ白神などなど、お勧めできる見所はいっぱいあります。
8000年近い歴史を持つ白神山地のブナ林には、500種もの植物と、97種類もの鳥類が生息しています。
縄文時代の頃から始まった東日本の文化は、ブナの森の豊かな恵みの中で育まれてきました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 屋久島【日本】  |  トップページ  |  次の記事 広島・原爆ドーム【日本】  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「日本の世界遺産、アジアの世界遺産」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。