日本の世界遺産、アジアの世界遺産について

豊かな自然と文化を世界に誇る日本の世界遺産、そしてアジア各国の数多くの世界遺産。日本とアジアの世界遺産をご紹介します。

スポンサードリンク

日本の世界遺産、アジアの世界遺産 最新記事

日本の世界遺産、アジアの世界遺産イメージ日本の世界遺産、アジアの世界遺産の記事を各カテゴリごと最新順に5記事ずつトップページで紹介しています。

日本の世界遺産、アジアの世界遺産の古い記事を参照になりたい方は各カテゴリタイトル、またはページ最下部のサイトマップからのリンクをご利用ください。

知床【日本】:日本の世界遺産

1964年に国立公園へと指定された北海道の東端にあるオホーツク海に面した知床半島。
知床半島とその沿岸海域は、2005年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されました。
知床半島付近には、たくさんのサケや魚介類が生息しています。
河川を遡上するサケを、ヒグマやオジロワシなどが食べる。
この動物たちの排泄物やサケの死骸は、植物の栄養...

知床【日本】について詳しく読む

日本の世界遺産

カテゴリ内新着一覧

高句麗古墳群【北朝鮮】:中国・韓国の世界遺産

北朝鮮としては、初めて世界遺産登録である高句麗古墳群。
この高句麗の古墳遺跡(こうくりのこふんいせき)が、2004年にユネスコ世界遺産(文化遺産)として登録されました。
その高句麗の古墳遺跡には安岳3号墓(アナク3号墓)、徳興里古墳(トックンリ古墳)、修山里古墳(スサンリ古墳)、江西大墓などがあります。
安岳3号墓の壁には、ひときわ大き...

高句麗古墳群【北朝鮮】について詳しく読む

中国・韓国の世界遺産

カテゴリ内新着一覧

カトマンズの渓谷【ネパール王国】:インド・タイ周辺国の世界遺産

1979年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された、カトマンズ渓谷(カトマンズけいこく)。
カトマンズ渓谷は、ネパールの首都カトマンズにあり、その盆地一帯をカトマンズ盆地と呼びます。
カトマンズには、ダルバール広場、シヴァ寺院、クマリの館、クリシュナ寺院、パタン博物館、スワヤンブナート、パシュパティナートそしてボダナートなど宮殿・寺院...

カトマンズの渓谷【ネパール王国】について詳しく読む

インド・タイ周辺国の世界遺産

カテゴリ内新着一覧

バールベック遺跡【レバノン】:イラン周辺国の世界遺産

1984年に、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されたバールベック遺跡。
この「バールベック」と呼ばれる遺跡は、レバノンの東部ベイルートの北東約85キロメートル離れた所、ベカー高原の中央にあります。
この地にフェニキアの神ハダド(バアル)が祀られていた事から由来して、バールベック(Ba‘labakk)、アラビア語で「ベカー高原の主神」を意味する言...

バールベック遺跡【レバノン】について詳しく読む

イラン周辺国の世界遺産

カテゴリ内新着一覧

日本の世界遺産、アジアの世界遺産 関連書籍 DVD

日本の世界遺産、アジアの世界遺産 関連書籍 和書

日本の世界遺産、アジアの世界遺産 関連書籍 洋書

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo